浴衣反物続々入荷中です!!今年の夏はマイサイズで浴衣を着て出掛けてみませんかぁ??
写真で手前に写ってる反物は『注染浴衣』と言って大正時代初期からの浴衣の「注染ぞめ」という手法で一型毎に折りたたみにして糊付けし、その上から染料を注ぐ熟練を要する手工芸品です。型つけの度に屏風畳にするので折口の所が判る事がありますが、これも昔から職人の手染めの味となっているようですよぉ♪